診療案内

初めて受診される方へ

コンタクトレンズ新規処方を希望の方 受付終了の1時間30分前には受付をお願いします 午前11:30まで 午後16:30まで(月〜金)/15:30まで(土)

めがねの処方を希望される方

予約制となっています。眼鏡処方箋をご希望の方は予めお電話でのお問い合わせをお願いしております。正確に処方ができるよう、当院では十分な時間をかけて処方することを心がけております。
予約がない場合、改めて別日に予約をお願いすることがあります。
また、診察の結果、眼鏡での矯正ができないと判断される場合があります。

診療時間・診療科目

月曜〜金曜 9:00-13:00 14:00-18:00 土曜 9:00-13:00 14:00-17:00 ※第5土曜日は午前中のみの診療となり、午後は職員研修のため休診となります 手術日 火曜日(手術中も外来診療しております) 受付は午前は12:30 午後は診療時間終了30分前まで コンタクトレンズ新規処方を希望の方 受付終了の1時間30分前には受付をお願いします 午前11:30まで 午後16:30まで(月〜金)/15:30まで(土) 休診日:日曜、祝日 白内障日帰り手術 緑内障日帰り手術 緑内障専門外来 一般眼科 糖尿病・眼底疾患 コンタクト

外来診療担当表

施設・設備

各画像をクリックすることで、拡大表示されます。

施設

木目が美しいエントランス
ナチュラルな待合室
5つの診察室が並ぶ
プライベートが確立された
診察室
広々とした検査室
暗室もゆとりのある設計

設備機器

I 検査機器

ノンコンタクト・トノメーター

眼球に直接触れることなく眼圧を測定する機器。以前のものより空気圧が優しくなっています。

オートレフ・ケラトメーター

近視・遠視・乱視などの屈折度合を評価する機器。最新の最高性能モデルで、より正確な測定が追求されています。

スペキュラ・マイクロスコピー

主に手術前後に角膜内皮細胞の状態を調べる機器。

光学式眼軸測定器

非接触型の最新式眼軸測定器で、白内障手術の際の人工レンズ選択に使用します。

光干渉断層計 (OCT)

網膜疾患や緑内障診断に威力を発揮する網膜断層像を取得する機器。当院では最新バージョンを導入しており、立体イメージや光干渉断層血管撮影(OCTangio)も可能です。

共焦点走査型ダイオード検眼鏡
(広角眼底カメラ)

通常の眼底カメラより非常にワイドな眼底写真を撮影する機器。これまで困難であった網膜の全体像を一度に把握できます。

オート無散瞳眼底カメラ

眼底写真の撮影を行う機器で、ステレオ眼底写真も撮像できます。

ハンフリー静的視野計

世界標準の自動視野計です。緑内障などの視野異常の検出に使用します。当院では最新機種を2台導入しており、緊急の検査にも速やかに対応できます。

ゴールドマン動的視野計

国際的に最も普遍的な視野計で、視野全体の測定に使用します。

Bモード・エコー

出血などで眼底が見えない場合に超音波で眼内の形状を観察するための装置。

中心フリッカー測定器

点滅光源を用いて、視神経の感度を測定するための機器。

II 治療用レーザー機器

マルチカラーレーザー

糖尿病網膜症や網膜裂孔に対してのレーザー治療に用います。

YAG(ヤグ)レーザー

白内障の手術後に生じる後発白内障の治療や、緑内障でのレーザー虹彩切開術の際に使用します。

III 手術機器

白内障手術装置と手術顕微鏡

先進の白内障手術装置センチュリオン®ビジョンシステムとライカ手術用顕微鏡Leica M822で精度の高い手術を提供します。

Copyright(c) 2017 健軍桜木眼科 All Rights Reserved.