院長実績

下記の項目名をクリックすると、詳細をご確認いただけます。

  1. 原著論文 英文
  2. 原著論文 邦文
  3. 総説・解説・著書
  4. 学会発表 国際学会
  5. 学会発表 国内学会 シンポジウム
  6. 学会発表 国内学会 一般演題
  7. セミナー(講師依頼)
  8. その他(学術賞、研究助成、特許)

I 原著論文 英文

  1. Nakashima KI, Iwao K, Inoue T, Haga A, Tsutsumi T, Mochita MI, Fujimoto T, Tanihara H. Stimulation of the adenosine A3 receptor, not the A1 or A2 receptors, promote neurite outgrowth of retinal ganglion cells. Exp Eye Res. 170:160-168, 2018.
  2. Apara A, Galvao J, Wang Y, Blackmore M, Trillo A, Iwao K, Brown DP Jr, Fernandes KA, Huang A, Nguyen T, Ashouri M, Zhang X, Shaw PX, Kunzevitzky NJ, Moore DL, Libby RT, Goldberg JL. KLF9 and JNK3 Interact to Suppress Axon Regeneration in the Adult CNS. J Neurosci. 37:9632-9644, 2017.
  3. Tsutsumi T, Iwao K, Hayashi H, Kirihara T, Kawaji T, Inoue T, Hino S, Nakao M, Tanihara H. Potential Neuroprotective Effects of an LSD1 Inhibitor in Retinal Ganglion Cells via p38 MAPK Activity. Invest Ophthalmol Vis Sci. 57:6461-6473, 2016.
  4. Nishizawa A, Inoue T, Ohira S, Takahashi E, Saruwatari J, Iwao K, Tanihara H. The Influence of Phacoemulsification on Surgical Outcomes of Trabeculectomy with Mitomycin-C for Uveitic Glaucoma. PLoS One. 11:e0151947, 2016.
  5. Ohira S, Inoue T, Iwao K, Takahashi E, Tanihara H. Factors Influencing Aqueous Proinflammatory Cytokines and Growth Factors in Uveitic Glaucoma. PLoS One. 11:e0147080, 2016.
  6. Iwasaki K, Takamura Y, Nishida T, Sawada A, Iwao K, Shinmura A, Kunimatsu-Sanuki S, Yamamoto T, Tanihara H, Sugiyama K, Nakazawa T, Inatani M. Comparing Trabeculectomy Outcomes between First and Second Operated Eyes: A Multicenter Study. PLoS One. 11:e0162569, 2016.
  7. Takihara Y, Inatani M, Eto K, Inoue T, Kreymerman A, Miyake S, Ueno S, Nagaya M, Nakanishi A, Iwao K, Takamura Y, Sakamoto H, Satoh K, Kondo M, Sakamoto T, Goldberg JL, Nabekura J, Tanihara H. In vivo imaging of axonal transport of mitochondria in the diseased and aged mammalian CNS. Proc Natl Acad Sci U S A. 112:10515-20, 2015.
  8. Shobayashi K, Inoue T, Kawai M, Iwao K, Ohira S, Kojima S, Kuroda U, Nakashima K, Tanihara H. Postoperative Changes in Aqueous Monocyte Chemotactic Protein-1 Levels and Bleb Morphology after Trabeculectomy vs. Ex-PRESS Shunt Surgery. PLoS One. 10:e0139751, 2015
  9. Ohira S, Inoue T, Shobayashi K, Iwao K, Fukushima M, Tanihara H. Simultaneous increase in multiple proinflammatory cytokines in the aqueous humor in neovascular glaucoma with and without intravitreal bevacizumab injection. Invest Ophthalmol Vis Sci. 56:3541-8, 2015.
  10. Iwao K, Inatani M, Seto T, Takihara Y, Ogata-Iwao M, Okinami S, Tanihara H. Long-term outcomes and prognostic factors for trabeculectomy with mitomycin C in eyes with uveitic glaucoma: a retrospective cohort study. J Glaucoma. 23:88-94, 2014.
  11. Takihara Y, Inatani M, Ogata-Iwao M, Kawai M, Inoue T, Iwao K, Tanihara H. Trabeculectomy for open-angle glaucoma in phakic eyes vs in pseudophakic eyes after phacoemulsification: a prospective clinical cohort study. JAMA Ophthalmol. 132:69-76, 2014.
  12. Iwao K, Goldberg JL. Early Testing of CNTF for Glaucoma. Glaucoma Today. May/June 2013:56-57, 2013.
  13. Ogata-Iwao M, Inatani M, Takihara Y, Inoue T, Iwao K, Tanihara H. A prospective comparison between trabeculectomy with mitomycin C and phacotrabeculectomy with mitomycin C. Acta Ophthalmol. 91:e500-1, 2013.
  14. Inatani M, Ogata-Iwao M, Takihara Y, Iwao K, Inoue T, Kasaoka N, Tanihara H. [A prospective study of postoperative aqueous flare in trabeculectomy alone versus phacotrabeculectomy]. Nippon Ganka Gakkai Zasshi. 116:856-61, 2012.
  15. Ogata-Iwao M, Inatani M, Iwao K, Takihara Y, Nakaishi-Fukuchi Y, Irie F, Sato S, Furukawa T, Yamaguchi Y, Tanihara H. Heparan sulfate regulates intraretinal axon pathfinding by retinal ganglion cells. Invest Ophthalmol Vis Sci. 52:6671-9, 2011.
  16. Iwao K, Inatani M, Tanihara H; Japanese Steroid-Induced Glaucoma Multicenter Study Group. Success rates of trabeculotomy for steroid-induced glaucoma: a comparative, multicenter, retrospective cohort study. Am J Ophthalmol. 151:1047-1056, 2011.
  17. Takihara Y, Inatani M, Seto T, Iwao K, Iwao M, Inoue T, Kasaoka N, Murakami A, Futa R, Tanihara H. Trabeculectomy with mitomycin for open-angle glaucoma in phakic vs pseudophakic eyes after phacoemulsification. Arch Ophthalmol. 129:152-7, 2011.
  18. Takihara Y, Inatani M, Hayashi H, Adachi N, Iwao K, Inoue T, Iwao M, Tanihara H. Dynamic imaging of axonal transport in living retinal ganglion cells in vitro. Invest Ophthalmol Vis Sci. 52:3039-45, 2011.
  19. Takihara Y, Inatani M, Kawaji T, Fukushima M, Iwao K, Iwao M, Tanihara H. Combined intravitreal bevacizumab and trabeculectomy with mitomycin C versus trabeculectomy with mitomycin C alone for neovascular glaucoma. J Glaucoma. 20:196-201, 2011.
  20. Iwao K, Inatani M, Ogata-Iwao M, Yamaguchi Y, Okinami S, Tanihara H. Heparan sulfate deficiency in periocular mesenchyme causes microphthalmia and ciliary body dysgenesis. Exp Eye Res. 90:81-8, 2010.
  21. Iwao K, Inatani M, Matsumoto Y, Ogata-Iwao M, Takihara Y, Irie F, Yamaguchi Y, Okinami S, Tanihara H. Heparan sulfate deficiency leads to Peters anomaly in mice by disturbing neural crest TGF-beta2 signaling. J Clin Invest. 119:1997-2008, 2009.
  22. Iwao K, Inatani M, Ogata-Iwao M, Takihara Y, Tanihara H. Restricted post-trabeculectomy bleb formation by conjunctival scarring. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 247:1095-101, 2009.
  23. Takihara Y, Inatani M, Fukushima M, Iwao K, Iwao M, Tanihara H. Trabeculectomy with mitomycin C for neovascular glaucoma: prognostic factors for surgical failure. Am J Ophthalmol. 147:912-8, 2009.
  24. Iwao M, Inatani M, Iwao K, Kawaji T, Tanihara H. Cystoid macular edema caused by intraocular lens dislocation after trabeculectomy. Can J Ophthalmol. 43:728-9, 2008.
  25. Inatani M, Iwao K, Inoue T, Awai M, Muto T, Koga T, Ogata-Iwao M, Hara R, Futa R, Tanihara H. Long-term relationship between intraocular pressure and visual field loss in primary open-angle glaucoma. J Glaucoma. 17:275-9, 2008.
  26. Iwao K, Inatani M, Okinami S, Tanihara H. Fate mapping of neural crest cells during eye development using a protein 0 promoter-driven transgenic technique. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 246:1117-22, 2008.
  27. Inatani M, Iwao K, Kawaji T, Hirano Y, Ogura Y, Hirooka K, Shiraga F, Nakanishi Y, Yamamoto H, Negi A, Shimonagano Y, Sakamoto T, Shima C, Matsumura M, Tanihara H. Intraocular pressure elevation after injection of triamcinolone acetonide: a multicenter retrospective case-control study. Am J Ophthalmol. 145:676-681, 2008.
  28. Kawaji T, Takano A, Inomata Y, Sagara N, Iwao K, Inatani M, Fukushima M, Tanihara H. Trans-Tenon's retrobulbar triamcinolone acetonide injection for macular oedema related to branch retinal vein occlusion. Br J Ophthalmol. 92:81-3, 2008.
  29. Iwao K, Inatani M, Kawaji T, Koga T, Mawatari Y, Tanihara H. Frequency and risk factors for intraocular pressure elevation after posterior sub-Tenon capsule triamcinolone acetonide injection. J Glaucoma. 16:251-6, 2007.

II 原著論文 邦文

  • 緑内障手術のサイエンス 濾過手術とサイトカインを中心に
    井上 俊洋、谷原 秀信、布田 龍佑、福島 美紀子、伊藤 康裕、川路 隆博、岩尾 圭一郎
    高橋 枝里、藤本 智和、井上 みゆき、岩尾 美奈子 他
    日本眼科学会雑誌 121: 314-335, 2017.
  • プロスタグランジン関連眼圧下降薬で惹起された前部ぶどう膜炎
    山本 聡一郎、岩尾 圭一郎、平田 憲、沖波 聡
    あたらしい眼科 28:571-575, 2011.
  • 眼発生の分子メカニズムの探究と眼疾患モデルへの展開
    稲谷 大、岩尾 圭一郎、沖波 聡。岩尾 美奈子、瀧原 祐史、谷原 秀信、松本 嘉寛、
    入江 史敏、山口 祐
    日本眼科学会雑誌 114:280-297, 2010.
  • 間欠性外斜視術後の遠見立体視における予後と影響を及ぼす因子の検討
    中山 周三、岩尾 圭一郎、山中 雅恵、上坂 勉、佐藤 好、関 ゆかり、中川たか子
    日本視能訓練士協会誌 37: 129-134, 2008.
  • 外転神経麻痺を伴った眼部帯状疱疹の1例 -その原因と画像所見-
    岩尾 圭一郎、小林 博、沖波 聡
    日本眼科学会雑誌 110:193-198, 2006.
  • 裂孔原性網膜剥離における完全後部硝子体剥離と手術成績
    岩尾 圭一郎、石崎 英介、小川 邦子、石郷岡 均
    眼科臨床紀要 98:1-5, 2004.
  • 黄斑剥離を伴う裂孔原性網膜剥離眼における術後両眼視機能について
    岩尾 圭一郎、田村 和寛、杉本 琢二、森澤 明子、松井 淑江、石郷岡 均
    眼科臨床紀要 98:15-18, 2004.
  • Heidelberg Retina Tomograph および光干渉断層計による視神経乳頭形状測定の比較
    岩尾 圭一郎、岩切 亮、小林 かおり、小林 博、沖波 聡
    臨床眼科 58:1923-1927, 2004.
  • 光干渉断層計およびHeidelbergRetina Tomographによる緑内障眼の視神経乳頭形状測定の比較
    岩切 亮、小林 かおり、岩尾 圭一郎、小林 博
    臨床眼科 58:2175-2179, 2004.
  • 光干渉断層計およびスキャニングレーザーポラリメーター(GDx VCC) による神経線維層厚測定の比較
    樋田 太郎、岩尾 圭一郎、佐藤 修司、岩切 亮、小林 かおり、小林 博
    臨床眼科 58:1837-1842, 2004.
  • 猫ひっかき病の眼底病変
    小林 かおり、古賀 隆史、沖 輝彦、岩尾 圭一郎、奥村 文子、沖波 聡
    日本眼科学会雑誌 107:99-104, 2003.
  • 内境界膜剥離後の眼底に認める網膜神経線維層欠損様変化
    田村 和寛、松井 淑江、岩尾 圭一郎、杉本 琢二、小川 邦子、森澤 明子、
    石郷岡 均、荻野誠周
    臨床眼科 56:1601-1605, 2002.

III 総説・解説・著書

  • 岩尾 圭一郎: トラベクレクトミーが効きにくいのはどのような症例ですか?
    臨床眼科 増刊号. 緑内障 なんでも質問箱 エキスパートに聞いたら最新エビデンスをもとにズバリと答えてくれた!:312-316, 2015. 医学書院 東京.
  • 岩尾 圭一郎: 特集 発生学からみた眼の先天奇形
    1.角膜と前房 (Peters奇形など)

    眼科 57: 101-106, 2015.
  • 岩尾 圭一郎: VI ぶどう膜炎続発緑内障
    眼科臨床エキスパート「緑内障治療のアップデート」 68-76, 2015. 医学書院 東京.
  • 岩尾 圭一郎: VII ステロイド緑内障
    眼科臨床エキスパート「緑内障治療のアップデート」 77-84, 2015. 医学書院 東京.
  • 岩尾 圭一郎: 私の緑内障薬チョイス 眼炎症と相性の良い配合点眼薬
    -コソプトとアゾルガ-

    あたらしい眼科 31:851-852, 2014.
  • 岩尾 圭一郎: 第2章 疫学と基礎, C 続発開放隅角緑内障
    眼科臨床エキスパート 「All About 開放隅角緑内障」 42-56, 2013. 医学書院 東京.
  • 岩尾 圭一郎、稲谷 大: 線維柱帯切開術 トラベクロトミー, A 流出路再建手術総論, 2 線維柱帯切開術-術後成績
    眼手術学6 緑内障. 244-249, 2012. 文光堂 東京.
  • 岩尾 圭一郎:  緑内障手術のEBM トラベクレクトミーが効きにくい病型と良くない手技
    眼科手術 25:38-44, 2012.
  • 岩尾 圭一郎: 続発緑内障
    Elsevier今日の臨床サポート. 2011.
  • 岩尾 圭一郎: ぶどう膜炎に伴う眼圧上昇に対して留意したい点眼治療
    あたらしい眼科 28:999-1000, 2011.
  • 岩尾 圭一郎: 難治緑内障 診療のコツと注意点
    Ⅳ- 網膜疾患に対するステロイド療法の眼圧応答

    眼科インストラクションコース17 「眼科診療のスキルアップ 緑内障編」 156-163, 2008. メジカルビュー社 東京.
  • 岩尾 圭一郎: 眼科医のための先端医療 前眼部形成に関わる因子群と発達緑内障
    あたらしい眼科 25: 669-671, 2008.
  • 岩尾 圭一郎, 稲谷 大: 緑内障診療の新しい展開 薬物治療の将来
    臨床眼科 61:152-155, 2007.
  • 瀧原祐史、岩尾圭一郎、岩尾美奈子、稲谷大: 緑内障の定義と分類
    Frontiers in Glaucoma, vol. 8, no. 4, 202-209, 2007.
  • 岩尾 圭一郎: ステロイド緑内障の古典的理解
    眼科インストラクションコース7 「緑内障 細隙灯顕微鏡診断完全マスター」
    132-133, 2006. メジカルビュー社 東京.
  • 岩尾 圭一郎、稲谷 大: 糖尿病眼合併症の診療指針 III その他の眼合併症
    5 新生血管緑内障 2) 手術の実際 ②毛様体破壊術

    眼科プラクティス7. 188-191, 2006.文光堂 東京.
  • 岩尾 圭一郎、谷原 秀信: 眼科診療におけるべからず集
    -その5- トリアムシノロンを乱用するべからず

    眼科手術 19:68, 2006.

IV 学会発表 国際学会

  • ESCRS 2015 (2015年9月5-9日 スペイン バルセロナ)
    Keiichiro Iwao, Asaho Nishizawa, Toshihiro Inoue, Hidenobu Tanihara. Impact of phacoemulsification on postoperative IOP after MMC trabeculectomy for uveitic glaucoma.
  • 5th English Glaucoma Academy 招待講演 (2015年11月28-29日 韓国 釜山)
    Keiichiro Iwao. The Kruppel-Like Factor Gene Target Dusp14 Regulates Axon Growth and Regeneration in Retinal Ganglion Cells.
  • World Ophthalmology Congress 2014 (2014年4月2-6日 日本 東京)
    Keiichiro Iwao, Akitomide Apara, Yan Wang, Noelia J. Kunzevitzky, Jeffrey L. Goldberg. The Krüppel-Like Factor Gene Target Dusp14 Regulates Axon Growth and Regeneration.
  • 11th European Glaucoma Society Congress
    (2014年6月7-11日 フランス ニース)

    Keiichiro Iwao, Akitomide Apara, Yan Wang, Noelia J. Kunzevitzky, Jeffrey L. Goldberg. The Krüppel-Like Factor Gene Target Dusp14 Regulates Axon Growth and Regeneration.
  • ARVO 2014 (2014年5月4-8日 アメリカ オーランド)
    Keiichiro Iwao, Noelia J Kunzevitzky, Yan Wang, Jeffrey L Goldberg The Kruppel-Like Factor Gene Target Dusp14 Regulates Axon Growth and Regeneration.
  • ARVO 2012 (2012年5月6-10日 アメリカ オーランド)
    Takihara Y, Inatani M, Iwao M, Kawai M, Inoue T, Iwao K, Tanihara H. A Prospective Study of Phakic vs Pseudophakic Eyes after Phacoemulsification in Trabeculectomy for Open-Angle Glaucoma.
  • ARVO 2010 (2010年5月2-6日 アメリカ フォート・ローダーデール)
    K. Iwao, M. Inatani, K. Seto, Y. Takihara, M. Ogata-Iwao, S. Okinami, H. Tanihara. The Long-Term Outcome and Prognostic Factors for Trabeculectomy in Uveitis-Related Glaucoma Eyes: Retrospective Cohort Study at 2 Clinical Centers.
  • ARVO 2010 (2010年5月2-6日 アメリカ フォート・ローダーデール)
    Y. Takihara, M. Inatani, T. Seto, K. Iwao, M. Iwao, T. Inoue, N. Kasaoka, A. Murakami, R. Futa, H. Tanihara. Trabeculectomy With Mitomycin C for Open-Angle Glaucoma in Phakic Eyes vs. Pseudophakic Eyes After Phacoemulsification.
  • ARVO 2009 (2009年5月 3-7日 アメリカ フォート・ローダーデール)
    K. Iwao and M. Inatani, on behalf of Steroid-Induced Glaucoma Multicenter Study Group. Prognostic Factors and Long-Term Outcome of Trabeculotomy for Steroid-Induced Glaucoma: Multicenter Retrospective Case-Control Study.
  • ARVO 2009 (2009年5月 3-7日 アメリカ フォート・ローダーデール)
    Y. Takihara, M. Inatani, T. Kawaji, M. Fukushima, K. Iwao, M. Iwao, H. Tanihara. Combined Intravitreal Bevacizumab and Trabeculectomy with Mitomycin C Versus Trabeculectomy with Mitomycin C for Neovascular Glaucoma.
  • ARVO 2008 (2008年4月27日-5月1日 アメリカ フォート・ローダーデール)
    Keiichiro Iwao, Masaru Inatani, Minako Ogata-Iwao, Satoshi Okinami, Hidenobu Tanihara. Heparan Sulfate Regulates Smad Signaling in Anterior Ocular Development.
  • ARVO 2007 (2007年5月6-10日 アメリカ フォート・ローダーデール)
    Keiichiro Iwao, Masaru Inatani, Minako Ogata, Hidenobu Tanihara. Heparan sulfate is required for the development of the ocular anterior segment.
  • ARVO 2007 (2007年5月 6-10日 アメリカ フォート・ローダーデール)
    Minako Ogata, Masaru Inatani, Keiichiro Iwao, Hidenobu Tanihara. Heparan sulfate is required for the development of the optic nerve head.
  • World Glaucoma Congress (2017年7月18-21日 シンガポール)
    Intani M, Iwao K, Hirano Y, Hirooka K, Nakanishi Y, Shimonagano Y, Shima C. Intraocular pressure elevation after the injection of triamcinolone acetonide: triamcinolone acetonide study group.
  • ARVO 2006 (2006年4月30日-5月4日 アメリカ フォート・ローダーデール)
    Keiichiro Iwao, Masaru Inatani, Hidenobu Tanihara. The Deficiency of Heparan Sulfate in Neural Crest Cells Is Associated with the Anomalies in the Anterior Segment of the Eye.
  • 4th Congress of Asian-Oceanic Glaucoma Society (2003年10月1-4日 香港)
    Iwao K, Iwakiri R, Kobayashi K, Kobayashi H, Okinami S. Comparison of Optic Nerve Head Measurements Obtained by Optical Coherence Tomography and Scanning Laser Tomograph.

学会発表 国内学会 シンポジウム
(学会からのシンポジスト講演依頼)

  • 第71回 日本臨床眼科学会 2017年10月14日 東京
    岩尾 圭一郎: シンポジウム 「眼炎症と緑内障」

    ぶどう膜炎に続発した緑内障への最近の眼圧下降点眼薬
  • 第37回 日本眼科手術学会 2014年1月17-19日 京都
    岩尾 圭一郎: シンポジウム 「眼科手術を評価する。-視機能アウトカム、疾患アウトカムから患者立脚型アウトカムへ-」

    眼科手術の多施設研究の経験:視機能アウトカム、疾患アウトカム
  • 第25回 日本緑内障学会 2014年9月19-21日 大阪
    岩尾 圭一郎: シンポジウム 「病態を理解して守る」

    ステロイド緑内障を克服するには
  • 第21回 日本緑内障学会 2010年9月24-26日 福岡
    岩尾 圭一郎: シンポジウム 「緑内障薬物療法の科学」

    眼炎症と眼圧上昇 (ステロイド応答を含む)
  • 第79回 九州眼科学会 2009年5月29-31日 福岡
    岩尾 圭一郎: シンポジウム 「眼科治療のアップデート」

    ぶどう膜炎に伴う続発緑内障へのMMC併用線維柱帯切除術の効果
  • 第20回 日本緑内障学会 2009年11月13-15日 沖縄
    岩尾 圭一郎: シンポジウム「緑の若葉」

    ヘパラン硫酸が前眼部・隅角形成に果たす役割 -Peters奇形動物モデル-
  • 第20回日本緑内障学会 2009年11月13-15日 沖縄
    岩尾 圭一郎: 教育セミナー 「続発緑内障の手術療法」

    ぶどう膜炎続発緑内障の手術療法

VI 学会発表 国内学会 一般演題
(筆頭演者及び発表責任者のみ。共同演者は除く。)

  • 第69回 日本臨床眼科学会 2015年10月22-25日 名古屋
    トラベクレクトミー施行後ぶどう膜炎続発緑内障・開放隅角緑内障の
    白内障術後眼圧比較

    岩尾 圭一郎、西澤 麻保、井上 俊洋、谷原 秀信
  • 第86回九州眼科学会/第32回九州緑内障カンファレンス 2016年5月27-29日 福岡
    前眼部OCTが無水晶体眼での急性閉塞隅角症の病態理解及び診断に有用であった一例

    岩下 昇平、岩尾 圭一郎、井上 俊洋、谷原 秀信
  • 緑内障サマーキャンプ2014 2014年7月24-25日 静岡
    Keiichiro Iwao: The Krüppel-Like Factor Gene Target Dusp14 Regulates Axon Growth and Regeneration in Retinal Ganglion Cells -Discovering new genes to enhance neurite outgrowth-
  • 第80回 九州眼科学会/第26回九州緑内障カンファレンス 2010年5月28-30日 佐賀
    プロスタグランジン関連眼圧下降薬で惹起された前部ぶどう膜炎

    山本 聡一郎、岩尾 圭一郎、平田 憲、沖波 聡
  • 第114回 日本眼科学会総会 2010年4月15-18日 名古屋
    ぶどう膜炎に伴う続発緑内障へのトラベクレクトミーの手術成績とリスクファクター

    岩尾 圭一郎、稲谷 大、瀬戸 孝彦、瀧原 祐史、岩尾 美奈子、沖波 聡、谷原 秀信
  • 第107回 佐賀県眼科臨床懇話会 2009年6月6日 佐賀
    放射状結膜切開の瘢痕に伴うブレブ形成の制限

    岩尾 圭一郎
  • 第113回 日本眼科学会総会 2009年4月16-19日 東京
    ステロイド緑内障に対するトラベクロトミーの多施設調査

    岩尾 圭一郎、稲谷 大、ステロイド緑内障多施設調査グループ
  • 第542回 熊本眼科集談会 2009年3月21日 熊本
    前眼部発生におけるヘパラン硫酸の重要性

    岩尾 圭一郎
  • 第19回 日本緑内障学会 2008年9月12-14日 大阪
    ぶどう膜炎に伴う続発緑内障と原発開放隅角緑内障への初回トラベクレクトミーの
    予後比較とリスクファクター

    岩尾 圭一郎、稲谷 大、瀬戸 孝彦、瀧原 祐史、岩尾 美奈子、谷原 秀信
  • 第112回 日本眼科学会総会 2008年4月17-20日 横浜
    Smad経路を介したヘパラン硫酸による前眼部発生

    岩尾 圭一郎、稲谷 大、岩尾 美奈子、沖波 聡、谷原 秀信
  • 第4回 宮崎サイエンスキャンプ 2008年2月15-17日 宮崎
    前眼部の神経堤細胞分化におけるヘパラン硫酸の役割

    岩尾 圭一郎、稲谷 大、岩尾 美奈子、谷原 秀信
  • 第540回 熊本眼科集談会 2007年12月2日 熊本
    神経堤細胞分化におけるヘパラン硫酸の重要性

    岩尾 圭一郎、稲谷 大、緒方 美奈子、谷原 秀信
  • 第61回 日本臨床眼科学会 2007年10月12日 京都
    (第111回日本眼科学会総会学術展示優秀賞受賞講演)
    神経堤細胞の分化に必要なヘパラン硫酸

    岩尾 圭一郎、稲谷 大、緒方 美奈子、谷原 秀信
  • 第18回 日本緑内障学会 2007年9月15日 岐阜
    円蓋部基底線維柱帯切除術における放射状結膜切開とブレブ形成

    岩尾 圭一郎、稲谷 大、岩尾 美奈子、瀧原 祐史、谷原 秀信
  • 第111回 日本眼科学会総会 2007年4月19-22日 大阪
    神経堤細胞の分化に必要なヘパラン硫酸

    岩尾 圭一郎、稲谷 大、緒方 美奈子、谷原 秀信
  • 第8回 有明眼科懇話会 2007年3月24日 佐賀
    トリアムシノロンの眼局所投与に伴う眼圧上昇

    岩尾 圭一郎、稲谷 大、平野 佳男、小椋 祐一郎、白神 史雄、広岡 一行、
    中西 頼子、山本 博之、下長野 由佳、坂本 泰二、嶋 千絵子、松村 美代、
    谷原 秀信
  • 第538回 熊本眼科集談会 2006年11月19日 熊本
    トリアムシノロン眼局所投与による眼圧上昇

    岩尾 圭一郎、稲谷 大、平野 佳男、小椋 祐一郎、白神 史雄、広岡 一行、
    中西 頼子、山本 博之、下長野 由佳、坂本 泰二、嶋 千絵子、松村 美代、
    谷原 秀信
  • 第17回 日本緑内障学会 2006年9月8日-10日 神戸
    トリアムシノロン眼投与に伴う眼圧上昇

    岩尾 圭一郎、稲谷 大、平野 佳男、小椋 祐一郎、白神 史雄、広岡 一行、
    中西 頼子、山本 博之、下長野 由佳、坂本 泰二、嶋 千絵子、松村 美代、
    谷原 秀信
  • 第110回 日本眼科学会総会 2006年4月13-17日 大阪
    神経堤細胞におけるヘパラン硫酸欠損に伴う前眼部奇形

    岩尾 圭一郎、稲谷 大、谷原 秀信
  • 第537回 熊本眼科集談会 2006年3月11日 熊本
    テノン嚢下注入した場合のトリアムシノロン誘発眼圧上昇
    岩尾 圭一郎
  • 第22回 九州緑内障カンファ 2006年2月5日 沖縄
    トリアムシノロンのテノン嚢下注入後眼圧上昇

    岩尾 圭一郎、稲谷大、川路 隆博、馬渡 祐記、古賀 貴久、谷原 秀信
  • 第16回 日本緑内障学会 2005年9月16-18日 熊本
    トリアムシノロン テノン嚢下注入後の眼圧上昇
    岩尾 圭一郎、稲谷大、川路 隆博、馬渡 祐記、古賀 貴久、谷原 秀信
  • 第4回 細胞外マトリックス研究会 2005年7月 福岡
    トリアムシノロン テノン嚢下注入に伴う眼圧上昇

    岩尾 圭一郎、稲谷大、川路 隆博、馬渡 祐記、古賀 貴久、谷原 秀信
  • 第17回 熊本緑内障研究会 2005年6月 熊本
    トリアムシノロン テノン嚢下注入と眼圧上昇

    岩尾 圭一郎、川路 隆博、馬渡 祐記、古賀 貴久、稲谷 大、谷原 秀信
  • 佐賀臨床懇話会 2004年12月 佐賀
    正常眼圧緑内障患者における網膜神経線維層厚の日内変動

    岩尾 圭一郎、岩切 亮、小林 かおり、小林 博
  • 佐賀臨床懇話会 2004年12月 佐賀
    佐賀大学眼科でのPDT -初回報告-

    岩尾 圭一郎、中林 條、小林 かおり、小林 博、沖波 聡
  • 第15回日本緑内障学会 2004年9月24日-26日 新潟
    正常眼圧緑内障患者における網膜神経線維層厚および視神経乳頭形状の日内変動

    岩尾 圭一郎、岩切 亮、小林 かおり、小林 博、沖波 聡
  • 第74回九州眼科学会 2004年5月28-30日 鹿児島
    外転神経麻痺を伴った眼部帯状疱疹の一例

    岩尾 圭一郎、沖波 聡
  • 第5回 有明臨床懇話会 2004年3月6日 久留米
    外転神経麻痺を伴った眼部帯状疱疹の一例

    岩尾 圭一郎、沖波 聡
  • 第42回 日本網膜硝子体学会 2003年11月28-30日 福岡
    小児の高度硝子体変性を伴った両眼性網膜剥離の一例

    岩尾 圭一郎、川路 隆博、石郷岡 均
  • 第57回 日本臨床眼科学会 2003年10月31日-11月3日 名古屋
    Heidelberg Retina Tomographおよび光干渉断層計による視神経乳頭形状測定の比較

    岩尾 圭一郎・岩切 亮・小林 かおり・小林 博・沖波 聡
  • 佐賀臨床懇話会 2003年10月 佐賀
    Heidelberg Retina Tomographおよび光干渉断層計による視神経乳頭形状測定の比較

    岩尾 圭一郎・岩切 亮・小林 かおり・小林 博・沖波 聡
  • 第73回 九州眼科学会 2003年5月30日-6月1日 福岡
    当科における5年間の裂孔原性網膜剥離手術成績

    岩尾 圭一郎、李 成基、石郷岡 均
  • 天理懇話会 2003年3月 奈良
    裂孔原性網膜剥離における術式選択と手術成績

    岩尾 圭一郎、石崎 英介、小川 邦子、石郷岡 均
  • 佐賀臨床懇話会 2003年2月 佐賀
    白内障手術長期経過後の眼内レンズ完全脱臼症例の検討

    岩尾 圭一郎、羽田 成彦、石郷岡 均
  • 第26回 日本眼科手術学会 2003年1月31日-2月2日 東京
    術後長期経過後の眼内レンズ脱臼・亜脱臼の検討
    岩尾 圭一郎、羽田 成彦、石郷岡 均
  • 第68回 日本中部眼科学会 2002年11月 大阪
    急激な視力・視野障害を呈したウェゲナー肉芽腫症に対しステロイドパルス及び
    免疫抑制療法が奏効した一例

    岩尾 圭一郎、池田 華子、松井 淑江、石郷岡 均
  • 第41回 日本網膜硝子体学会 2002年11月8-10日 東京
    当科における網膜剥離手術成績 −後部硝子体剥離の有無別の検討−

    岩尾 圭一郎、石崎 英介、小川 邦子、石郷岡 均
  • 佐賀臨床懇話会 佐賀 2002年
    黄斑剥離を伴う裂孔原性網膜剥離の術後両眼視機能

    岩尾 圭一郎、田村 和寛、小川 邦子、森澤 明子、松井 淑江、石郷岡 均、荻野 誠周
  • 第40回 日本網膜硝子体学会 2001年11月30日-12月2日 名古屋
    黄斑剥離を伴う裂孔原性網膜剥離の術後両眼視機能

    岩尾 圭一郎、田村 和寛、小川 邦子、森澤 明子、松井 淑江、石郷岡 均、荻野 誠周
  • 第40回 日本白内障学会・第16回 日本眼内レンズ屈折手術学会
    2001年6月15-17日 福岡
    長期経過後に両眼の眼内レンズが落下した一例

    岩尾 圭一郎、美川 優子、小林 博、沖波 聡
  • 第2回 有明臨床懇話会 2001年3月25日 佐賀
    長期経過後に両眼の眼内レンズが落下した一例

    岩尾 圭一郎、美川 優子、小林 博、沖波 聡

VII セミナー (講師依頼)

  • 社内講演会 アルコンファーマ 2018年4月9日 熊本
    岩尾 圭一郎: 緑内障への治療戦略 -クリニック医になった私のストラテジー-
  • 社内講演会 参天製薬 2018年2月20日 熊本
    岩尾 圭一郎: 私の(個人的な)緑内障への治療戦略 -初診患者への対応を中心に-
  • 大分新春緑内障座談会 2018年1月20日 大分
    岩尾 圭一郎: 眼炎症に続発する緑内障への治療戦略 -最近の眼圧下降点眼薬を中心に-
  • 熊本県眼科医会講習会 第1部 2018年1月14日 熊本
    岩尾 圭一郎: 眼科コ・メディカルの役割、眼科の受付・問診、視器の構造
  • 社内講演会 千寿製薬 2017年11月16日 熊本
    岩尾 圭一郎: ぶどう膜炎に続発した緑内障への最近の眼圧下降点眼薬
  • 社内講演会 興和創薬 2017年11月9日 熊本
    岩尾 圭一郎: ぶどう膜炎に続発した緑内障への最近の眼圧下降点眼薬
  • ミケルナ点眼液発売記念講演会 2017年4月15日 熊本
    岩尾 圭一郎: ミケルナ使用経験と考察
  • 社内講演会 興和創薬 2016年1月27日 熊本
    岩尾 圭一郎: 続発緑内障と治療 -手術成績とこれからの展望-
  • 社内講演会 大塚製薬 2015年11月25日 熊本
    岩尾 圭一郎: 私の緑内障治療戦略 -点眼薬を中心に-
  • 熊本市民健康フェスティバル 目の健康講座 2015年10月4日 熊本
    岩尾 圭一郎: 患者さんと眼科医で二人三脚 緑内障治療
  • 佐世保緑内障勉強会 2015年8月27日 佐世保
    岩尾 圭一郎: ぶどう膜炎と緑内障 –手術成績とこれからの展望-
  • 若手研究者の会 in ARVO 2015 2015年5月5日 デンバー, コロラド, 米国
    岩尾 圭一郎: Discovering New Genes to Enhance Neurite Outgrowth and Regeneration Ability.
  • 社内講演会 日本アルコン 2015年3月25日 熊本
    岩尾 圭一郎: 熊本大学眼科での手術説明 -緑内障手術関連を中心に-
  • 眼疾患研究会 女性医師の会 2014年8月2日 熊本
    岩尾 圭一郎: 視神経再生への挑戦
  • 第552回 熊本眼科集談会 2014年3月22日 熊本
    岩尾 圭一郎: 留学報告 -Bascom Palmer Eye Institute, University of Miami-
  • 緑内障薬物治療セミナー 参天製薬 2010年9月24日 東京
    岩尾 圭一郎: 新患に望まれる薬剤とは? タプロスの魅力
  • 第80回九州眼科学会 モーニングセミナー 2010年5月29日 佐賀
    岩尾 圭一郎: ぶどう膜炎に伴う続発緑内障・ステロイド緑内障アップデート
  • 第13回 熊本眼疾患研究会 2007年8月11日 熊本
    岩尾 圭一郎: 放射状角膜切開と濾過胞形成の関係

VIII その他 (学術賞、研究助成、特許)

  • 1.学術賞
  • 2014年 Young Investigator Award. Glaucoma Summer Camp 2014.
    2010年 Alcon Japan Hida Memorial Award/World Ophthalmology Congress Tano Travel Grant 2010.
    2009年 KOWA Travel Grant for ARVO 2009 Annual Meeting.
    2008年 熊本大学眼科学術奨励賞
    2007年 第111回日本眼科学会総会学術展示優秀賞. 神経堤細胞の分化に必要なヘパラン硫酸
  • 2.研究助成
  • 岩尾 圭一郎 (代表研究者): 2016-2017年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)
    「緑内障における網膜神経節細胞保護・軸索伸長を目指す薬剤スクリーニング基盤研究」
    4,680,000円
  • 岩尾 圭一郎 (分担研究者): 2014-2016年度 科学研究費補助金 基盤研究(B)
    「生理活性物質の動的均衡制御とリアルタイムイメージング技術開発による緑内障治療研究」
  • 岩尾 圭一郎 (代表研究者): 2014年度 国立大学法人熊本大学
    神経・感覚運動科学領域拠点研究助成
    「トラニルシプロミンを用いた新規緑内障治療薬の開発」
  • 岩尾 圭一郎: 2014-2015年度 国立大学法人熊本大学
    橋渡し研究・新規開発シーズスタートアップ
    「緑内障/虚血性視神経症治療を主眼においた神経保護治療薬の開発」
  • 岩尾 圭一郎: 2013-2015年度 国立大学法人熊本大学
    国際先端研究拠点 エンカレッジプロジェクト
    「Promoting Axon Regeneration of iPS-derived Retinal Ganglion Cells」
  • 岩尾 圭一郎: 2013年度 国立大学法人熊本大学 熊本大学
    若手国際共同研究スタートアップ支援
    「KLF/DUSP経路を介した神経軸索伸長制御メカニズムと軸索再生研究 (カリフォルニア大学サンディエゴ校シェリー・アイセンターとの共同研究)」
  • 岩尾 圭一郎 (代表研究者): 2010-2011年度 科学研究費補助金. 若手研究(B)
    「緑内障濾過手術への糖鎖研究の応用」
    2,210,000円
  • 岩尾 圭一郎: 2010年 上原記念生命科学財団 海外留学助成
    ポストドクトラルフェローシップ
    「緑内障治療に向けた軸索伸長・神経再生研究」
  • 3.特許
  • 神経変性疾患治療剤 (特許: 第2016-011705号/ PCT: WO2017130933A1)
    谷原 秀信、岩尾圭一郎、中尾 光喜、林 秀樹、日野 信次朗、堤 孝之
Copyright(c) 2017 健軍桜木眼科 All Rights Reserved.